Profile
最近オンラインゲームはやってません。割とよくやるのはモンスターハンターポータブル2ndGと、アーケードゲームのバーチャロンフォースです。

cr_outsider

Author:cr_outsider

HN等 : cr_outsider(汎用),tohma(MHP2G),燈真(RO),夏野橙真(PangYa)
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
私見メモ その2
最近殆どROしてないのでネタがない( ´-`)

またバーチャロンネタのメモでも書いてみるか。


影清「山」


一応自分のメイン機体である影清「山」
戦闘回数だけなら火の方が1000回以上多いんだけど、色々な人と対戦してる感じではこちらの方が大分戦績もよく、自分でもこっちの方が戦えていると思っていたり。

適当に使用頻度高い攻撃の癖などを。

*立ち(歩き)RW
・ゲージ20%前後消費して槍の先から光弾を発射。射程は400届かないくらい。弾速は結構速い。弾の大きさはそこそこ。相殺性能は殆どなく、逆によく消される方。テムジン系の立ちRWは干渉無しだが、VOX系のファイアーボールには一方的に相殺される。誘導は多少するが弾速が速く、射程もやや短い為に曲がるのを実感する前に消えるか着弾していると思われる。ロックしていれば射角の補正があるので上下は当てやすいかも。使いすぎると山のメインとも言えるTRW攻撃がここぞという場面で使えなくなるので連射は注意。歩きで打つ場合、歩く方向によって弾の射出位置を左右にずらすことが出来る。左斜め後ろ・右斜め前が右側から、右斜め後ろ・左斜め前からだと左側から射出される…はずなんだけど書いてて自信なくなってきた。身体では覚えてる癖になぁ( ´-`)明日対戦日だしそんときに使えばいいか。
*TRW(ジャンプTRW)
・ゲージ100%時のみ使うことの出来る攻撃。機体正面で槍を回しながら白い輪っか状の弾を7~8程度発射する。射程は立ちで500届かず、ジャンプで400弱程度。弾速はそこそこ早め。相殺性能はかなり高め。大抵のRW系は消せるが、実弾に対してはあまり消さない印象がある。誘導性能は上下は割とあるが横は殆ど曲がらない。ジャンプの場合は出しながらも旋回入力が可能なので、散らしながら出すことも可能だが、相手が動いて居るときの置き目的以外では集中的に狙った方が効果が高い。実は発射直後にダウンさせられても弾は止まらない。ただし発射位置は機体の正面からなので、飛ばされる機体の動きに合わせて発射位置が動く。弾に触れるとランダムでスタン(痺れ)状態になり、追撃が可能となる。相手がスタン状態のときにTRWを当て続けていると大抵途中か発射終わり辺りでダウンする。敵機をスタンさせたところに僚機が攻撃を当ててくれたりすると結構嬉しい。かなり有効な攻撃であることは確かだが、出す場面を考えずにやると期待されるダメージよりもリスクの方が上回るので、いかに自分に対しての攻撃を捌きつつ狙っていくかがポイントだと思われる。いくら各種硬直が短い方だとは言っても、自分を狙っている敵に丸見えの位置から出して居てはどうしようもない。狙っていく攻撃ではあるが、打たないといけない攻撃ではないので、それだけは注意しないといけないと思う。
*立ちCW
・機体正面から山鳴りに丸い弾を発射する。弾速はそこそこ。弾の大きさはΔのCWと同程度だと思う。誘導は上下が結構曲がり横はそこそこ曲がる。テムジンなどのCW(カッター)やボムで消される。ゲージ消費が6~70%あるので連射は出来ない。主に低い壁超えを狙って打つか、遮蔽物の少ないステージで僚機側へ援護として送る形が使い所になると思う。当たれば機動力低下の効果がランダムで数カウント発生するはずなので有効かと思う。ただし、射線確保ミスによる無駄使いと発射によるリスク管理はしっかりと。音を鳴らして威嚇する為の武器じゃないです。
*ジャンプ前DCW
・弾の形状は立ちと同じ。弾を発射する際(トリガーを引いた瞬間ではない)にロック出来ていればかなり真下でも当てることが可能。主な使い道は近接裏切り後のMASA・4(火のメモ参照)、相手の前ビのフォロースルーに合わせて打つ。前ビに対してはタイミングを間違えるとジャンキャンで避けられた上に反撃を喰らうのでタイミングには要注意。目安としては軸を合わせて早め、もしくは相手が前ビ打ち終わりのダッシュ終了時に真上から落とすのが狙い所か。多少なりともリスクを伴うので、遅すぎたと思ったら素直に立ちRWを1~2発当てた方が無難。消費が多く、回復も遅いので無駄遣いは禁物。
*TCW(ジャンプTCW)
・影清唯一と言ってもいい高火力攻撃。威力は立ち>>ジャンプくらい。形状が雷状の弾で尾を引いて飛んでいくので、「天誅」とか「かみなり」とか「落雷」とかと呼ばれたりする(呼び方には地方差があるので注意)。ゲージ消費は立ちが90%、ジャンプが70%。立ちは発射時にハーフキャンセルをすれば60%程度に消費が落ちるが、着弾前の落下時の誘導が下がる。威力は変わらない。ハーフキャンセルするにしても発射時には90%ゲージが必要なのであしからず。使い所は立ちが建物の影から不意を付いて、ジャンプは前ビや移動、硬直などを予測して狙う感じか。どちらも軌道や誘導に癖があるので、使っていって癖を覚えるのが一番早いと思う。立ちは入力後機体上部で1カウントほど停滞した後に発射。弾速はあまり速くない。軌道は山なりだが、建物の多いステージでは建物に当たって消えることが多いので射線には注意すること。誘導は3~400程度で終わり、それ以降は曲がらなくなる(ハーフキャンセル時)。ジャンプは停滞なく発射され、弾速も割と速い。発射から150m前後は誘導なく直線発射され、それ以降に上下横へと誘導する。何故か右方向よりも左方向への誘導の方が強い。着弾時に爆風が出るが、爆風自体に威力はあまりない。時間は短いが爆風に相殺性能はややあるようだ。どちらも一発逆転の可能性を秘めた攻撃ではあるものの、どうしても隙が大きいので打つ際のリスク管理はしっかりと。ライフ差で勝っているとき無駄に打つ攻撃ではない。放置されすぎとか大差のときにとどめを、とかその程度にしておくのが無難。逆転用の武器で逆転されたりとかしてたらシャレにもならない。
*立ち(歩き)LW
・機体の真ん中やや右よりから丸い弾を射出する。100m程度進んだのち若干停滞後、ロックした敵に向かって誘導する。射程は300程度。弾速は停滞前は速め、停滞後は遅め。着弾時に短時間の爆風がある。LW各種は爆風にダメージがあり、弾自体にはダメージがないようである。近接信管がある。主に目の前の敵へ牽制を仕掛ける目的で使う。立ちは正面に対して弾を出してその位置から動かす目的、歩きは微妙に射角をずらして横から弾が接近するように仕向けて動かす目的に使う。ダメージを期待する攻撃ではない。
*TLW
・機体右側から弾を山なりに射出する。発射時に右側を壁にくっつけていたりすると即爆発してしまう。発射後も高い障害物が近かったりすると越えられずに爆発してしまうので注意。主に壁の裏に居る時や開幕時(お互いに射角がとぎれており距離が遠い場合のみ)に使う。援護としては有効だが、余程隙が出来たとき以外は発射モーションが長いので使いづらい。
*LJ(低空ジャンプ)前DLW
・発射時から停滞無く飛び、着弾時に爆風が起きてダメージを与える。射程はかなり長い(バルステージの端から端は届くはず)。慣れるまでは使いづらいが、硬直が少なく長距離で弾を飛ばせる数少ない武器なので使えると戦術に幅が広がる。弾速は発射直後はそこそこだが途中で加速する印象がある。誘導も弾速の割りに強く狙いやすい。ゲージ消費は多いので注意。90%かmaxじゃないとダメなはず。地上ダッシュも使えないことはないのだが、発射直後の段差落ちで使わないとダッシュ速度が急激に落ちて危険な上に、射程もLJより短いはずなのでいまいち使いづらい。

*近接各種
・主に使う近接はTLW・CW・RWの三種類。駆け引きとして使えそうなのがCW・TCW。林に比べて全体的に遅い印象はあるが、それでもかなり近接が強い部類に入る。TLWの突きは左側にやや弱いので出来る限り左側に回り込んで使う方がいい。CWはガードリバーサルを振らせる目的orタイミングをずらす目的が主か。RWは立ちRW射撃からの射撃近接、ボスキャンでの追いかけや連続振りが目的か。近接各種に言えることだが、攻撃中槍の先だけでなく柄の先まで判定が発生するので、真後ろで近接が当たったりする。RW近接→攻撃判定出そうな辺りでジャンプ とすると妙な判定が出たりする。回り込みが強い相手に対してはRWやCWを振り逃げしてMASA・4に持ち込んだりする方が有効である。とにかく余程腕を試したい場面でない限り、過剰な回り合いは避けた方が無難だと思われる。

*全般
・装甲は中の中。基本装甲値はテムAと同じ。機動性能は速いわけじゃないが、遅く感じることはない。ジャンプからの硬直は、ジャンプダッシュ後>ジャンキャン≧ジャンプ攻撃後である。
・基本的な行動はタイマンよりも援護寄りになるのだが、相手の機体次第か。放置回避した方が被害の少ない相手であればたまに注意を引きつつ、反対側を見てプレッシャーを掛ける方が効果的だと思われる。行動の基本は自分に向かってくる機体の外周を取りつつも、反対側にTRWを狙えるを狙える位置へ移動し続けることだろうか。林と違い、タイマンしなくてもいい機体。ただし、自分よりも援護能力が強い場合は近づいてプレッシャーを掛けていく必要がある。ただ、自分的な認識では「近づいてプレッシャーを掛ける≠タイマン」であり、近寄ったからといってタイマンを張らなくてもいい。表現が難しいのだが、単純に相手が援護を送りづらい状況に出来ればいいのであって、何も1対1で戦っていろというわけではない。距離が近ければ(お互いにだが)色々と狙いやすく、迂闊な行動がしづらい為に援護の量や質を落とすことが出来る。



なんか山使いたくなってきた。
でも地元で使うと………(´・ω・`)気にせずやってみようかな。空気読めないとか言われそうだg
スポンサーサイト
バーチャロン | 【2006-06-20(Tue) 18:17:26】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-09-04 月 09:31:49 | | # [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。